Share: Share on Facebook Share on Twitter Share on LinkedIn I recommend visiting cushmanwakefield.com to read:%0A%0A {0} %0A%0A {1}

C&W、渋谷スクランブルスクエアのラグジュアリーブランドリーシング業務を完了

7/11/2019

 

グローバル不動産総合サービス会社のクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(グローバル本社:米国イリノイ州シカゴ、日本本社:千代田区永田町)が東急、JR東日本、東京地下鉄の三社が出資する渋谷スクランブルスクエア株式会社より受託した、商業フロアへのラグジュアリーブランド誘致業務を完了しました。

2019年11月1日に開業した渋谷スクランブルスクエアは渋谷駅直結で地上47階建ての渋谷を代表する新ランドマークとなる大規模複合施設です。

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドが世界中でもつラグジュアリーブランドとのネットワーク・知見を最大限活用し、オーナーが接点のなかったブランドを紹介し、関係性を構築しました。また、施設のコンセプトを具現化するテナントの誘致に注力しました。

商業フロアの基準階である3階および4階へ、ミレニアル世代に向けた複数のラグジュアリー・ファッション・ブランドの新しいコンセプトストアを誘致し、渋谷に集まる遊び心いっぱいの人々へ時代の最旬を発信するという渋谷スクランブルスクエアのコンセプトを具現化したテナントミックスを実現しました。

須賀 勲(C&Wヘッド・オブ・リテール・サービス)は次のように述べています。
「大型開発が目白押しで大きく変貌を遂げる渋谷地区のリーディングプロジェクト、渋谷駅と一体開発する複合施設『渋谷スクランブルスクエア東棟』がついに11月1日に開業しました。

一日300万人が利用する渋谷駅の強みを生かした新しい商業を実現するために初期より事業者の依頼を受けミレニアル世代に向けたラグジュアリーブランドの集積フロアのリーシングを担当しました。時代の空気を反映したテナントミックスが構築でき、話題の施設に加われたことを誇りに思います。」

渋谷スクランブルスクエアのホームページ
 

関連インサイト

APAC Capital Flows - Supply Chain Management webinar
Insights • Capital Markets

【ウェビナー】アジア太平洋地域の不動産売買市場の今後 – サプライチェーン・マネジメント

サプライチェーン・マネジメントは、今やアジア太平洋地域レベルでも世界レベルでも、メーカー、小売業者、投資家が直面する最大の課題の一つとなっています。今回のウェビナーでは、DHL Supply ChainのAPAC不動産ソリューション責任者であるケビン・リー氏をお招きし、この重要なテーマについて議論をしています。
3/07/2022

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドでは、トラフィックの分析および本ウェブサイト上でベストの体験をお客様に提供するためクッキーを使用します。このダイアログを閉じ、お客様の同意を確認されるか、詳細については次のページを訪れてください:
クッキー通知

その他のオプション
同意する
これらのクッキーにより、当社のウェブサイトが期待通りに動作することが保証されます。例えば、ウェブサイトのトラフィック負荷を当社のサーバー間で分散し、使用量が特に多いときにウェブサイトがクラッシュしないようにします。
これらのクッキーは、お客様が行った選択(ユーザー名、言語、居住地域など)をウェブサイトに記憶させ、より充実した機能を提供するためのものです。これらのクッキーは、広告に使用される可能性のあるお客様の情報を収集したり、お客様がインターネット上でどこにいたかを記憶したりすることはありません。
これらのクッキーは、当社がマーケティングパートナーと協力して、お客様が当社のウェブサイトに訪問する前にどの広告やリンクをクリックしたかを理解したり、当社の広告をお客様にとってより適切なものにするために使用されます。
すべてに同意する
すべてを拒否する
設定の保存