Share: Share on Facebook Share on Twitter Share on LinkedIn I recommend visiting cushmanwakefield.com to read:%0A%0A {0} %0A%0A {1}

2021 グローバル・データセンター市場比較レポート

22/01/2021

Data Center Market Comparison Report Web Banner

クラウドコンピューティング、AI、5Gが世界のデータセンター開発と投資の成長を加速

かつてはグローバル企業にとって低い優先順位であったデータセンターは、今では情報経済の要となり、過去10年間で1,000億ドルを超える投資資金が注ぎ込まれたアセットクラスへと成長していることが「グローバル・データセンター市場比較レポート」で報告されました。

本レポートは、立地選定や投資のための上位マーケットをランク付けしたものです。本調査では、データセンター関連業務を支える全体のプロセスについて明らかにしています。

本調査は、独自の手法を用いて世界1,189ヵ所のデータセンターを評価し、グローバル・マーケット48都市のランク付けを行い、総合トップ10External Linkマーケットを算出しています。主な新興データセンター市場もまた「注目の10都市External Link」としてリストアップしています。

主なポイント:

 
  • 2020年のパンデミックにより企業のクラウド化が急速に進み、企業のIT戦略の変化が加速しました。この継続的変化と最適化は今後数年間続くとみられ、クラウドサービスの可用性とプラットフォーム間の接続性がさらに重視されるでしょう。 詳細はC&W発行の「クラウドの現状」レポート(英語のみ)でご確認いただけます。

  • 全マーケットにおけるデータセンターの新築計画は、昨年は1.6GWであったところ本年は2.9GWと急増しています。これは、ワシントンD.C.の北バージニアの2.5個分に相当します。

  • セカンダリー・マーケットは引き続き重要性を増しており、特にヨーロッパとアジアでは、データ処理を近隣で行うエッジコンピューティングへの移行に伴い関心の高い分野となっています。これらのセカンダリー・マーケットの多くはデータセンター事業者へ大きな可能性を提供し、中には将来プライマリーマーケットに成長する市場もあるでしょう。欧州のセカンダリー・マーケットの詳細は「データセンター欧州セカンダリー・マーケット」レポート(英語のみ)でご確認いただけます。

関連インサイト

APAC Capital Flows - Supply Chain Management webinar
Insights • Capital Markets

【ウェビナー】アジア太平洋地域の不動産売買市場の今後 – サプライチェーン・マネジメント

サプライチェーン・マネジメントは、今やアジア太平洋地域レベルでも世界レベルでも、メーカー、小売業者、投資家が直面する最大の課題の一つとなっています。今回のウェビナーでは、DHL Supply ChainのAPAC不動産ソリューション責任者であるケビン・リー氏をお招きし、この重要なテーマについて議論をしています。
3/07/2022

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドでは、トラフィックの分析および本ウェブサイト上でベストの体験をお客様に提供するためクッキーを使用します。このダイアログを閉じ、お客様の同意を確認されるか、詳細については次のページを訪れてください:
クッキー通知

その他のオプション
同意する
これらのクッキーにより、当社のウェブサイトが期待通りに動作することが保証されます。例えば、ウェブサイトのトラフィック負荷を当社のサーバー間で分散し、使用量が特に多いときにウェブサイトがクラッシュしないようにします。
これらのクッキーは、お客様が行った選択(ユーザー名、言語、居住地域など)をウェブサイトに記憶させ、より充実した機能を提供するためのものです。これらのクッキーは、広告に使用される可能性のあるお客様の情報を収集したり、お客様がインターネット上でどこにいたかを記憶したりすることはありません。
これらのクッキーは、当社がマーケティングパートナーと協力して、お客様が当社のウェブサイトに訪問する前にどの広告やリンクをクリックしたかを理解したり、当社の広告をお客様にとってより適切なものにするために使用されます。
すべてに同意する
すべてを拒否する
設定の保存